センスが上がる!複合関係代名詞 whichever の2つの意味と使い方

英文法関係詞
最終更新日:

複合関係代名詞 whichever には、「~するものはどれでも(どちらでも)」という順接的な意味と、「たとえどれが(どちらが)~しようとも」という逆説的な意味がある。

ここでは、whichever の2つの意味と使い方について、「 whichever って、こういうときに使うんだ!」と肌で感じられる、リアルな例文も交えて解説していこう。

この記事を読んで得られること

  • whichever のリアルな使い方がわかる
  • whichever の2つの意味を使い分けられるようになる

まずは例文で確認!whichever のリアルな使い方

具体的な説明に入る前に、まずは whichever という言葉を実際にはどう使うのか、身近な例文で確認しておこう。

参考書などに載っているようなお堅い例文ではなく、あなたが実際に表現する機会がありそうな例文を用意したので、これだけでも勉強になると思う。

※聞き取りに慣れるよう、音声はループ再生されるようにしてあります。

I bought two in different colors. I'll give you whichever you like.


色違いで2つ買ったから、どっちが好きな方を1つあげるよ。

Please choose whichever you find most interesting!


一番おもしろいと思うものを選んでね!

I’ll talk about whichever you like.


あなたが好きなどちらについてでも話すよ。

It says if you buy two you can get whichever gift you prefer.


2個買ったら、どちらか好きな景品をくれるそうだよ。

Please send us your feedback by whichever method you find easiest.


いずれかご都合の良い方法でフィードバックをお送りください。

Whichever you eat there's not much difference in terms of calories.


どっちを食べたってカロリー面ではほとんど変わらないでしょ。

I guarantee that you will be absorbed whichever book you read.


どっちの本を読んでも、きっと夢中になること間違いなしだよ。

Whichever model you buy, the function is more or less the same.


どっちのモデルを買ったって機能はどちらも同じようなものだよ。

Whichever clothes I wear, I feel something is missing.


どっちの服を着てみても、何かピンとこない気がする。

Whichever meal you choose, it will go beyond your daily salt intake.


どっちの食事を選んでも一日分の塩分摂取量は超えるでしょ。

whichever のリアルな使い方がわかったところで、続いてはもう少し具体的な説明に入っていこう。

複合関係代名詞 whichever には2つの意味がある

先ほどの例文からもわかるように、whichever には「~するものはどれでも(どちらでも)」という順接的な意味と、「たとえどれが(どちらが)~しようとも」という逆説的な意味がある。

それぞれについて、詳しく解説していこう。

「~するものはどれでも(どちらでも)」という意味の whichever は名詞節をつくる

whichever を「~するものはどれでも(どちらでも)」という意味で使うときのポイントは、whichever が名詞節をつくるという点だ。

名詞節は名詞の一種なので、普通の名詞と同じように主語Sになったり目的語Oになったりする。

whichever 節が他動詞の目的語O

Please choose whichever you find most interesting!
一番おもしろいと思うものを選んでね!

whichever 節が前置詞の目的語O

I’ll talk about whichever you like.
あなたが好きなどちらについてでも話すよ。

※「節」とは単語二語以上のカタマリのうち、SVの形があるもののことだ。SVの形がなければ「句」という。

whichever = anything that に置き換えられる

なお、「~するものはどれでも(どちらでも)」という意味は、whichever ではなく anything that を使っても表現できる。ここでの any は「どんな・任意の」という意味だ。肯定文での any はこの意味になることが多い。

また、関係代名詞 which を使って anything which としても伝わるとは思うが、先行詞に any や all the などすべてのものを表す形容詞が添えられた場合には、関係代名詞は that が好まれる傾向にあるので、ここでは whichever = anything that としている。

※ご参考:関係代名詞 that のみを使う3つの場合とその理由

I’ll talk about whichever you like.
= I’ll talk about anything that you like.

anything that に置き換えた文を見ても、whichever 以降(つまり anything that 以降)が大きな名詞のカタマリになっていることがわかる。

「~するものはどれでも(どちらでも)」という順接的な意味を表す whichever は名詞節をつくるということを、文法上のポイントとして押さえておこう。

ちなみに「複合関係代名詞」とは?

なお、複合関係代名詞とは、「先行詞と関係代名詞がくっついた(複合した)関係代名詞」のことだ。

whichever = anything that と置き換えられることからもわかるように、「~するものはどれでも(どちらでも)」という意味の whichever は、先行詞 anything と関係代名詞 that(または which )がくっついた言葉だと考えられる。

だから、whichever は複合関係代名詞と呼ばれているわけだ。

 
ってことは、what = the thing which に置き換えられる関係代名詞 what も、複合関係代名詞の一種ってことか?
 
やるわね、ジェフ。えらいえらい。

※ご参考:関係代名詞 what の使い方|接続詞 that との違いはこれだ!

「たとえどれが(どちらが)~しようとも」という意味の whichever は副詞節をつくる

一方、whichever を「たとえどれが(どちらが)~しようとも」という意味で使うときのポイントは、whichever が副詞節をつくるという点だ。

whichever 節が、動詞 is not much difference(変わらない)を修飾

Whichever you eat there's not much difference in terms of calories.
どっちを食べたってカロリー面ではほとんど変わらないでしょ。

whichever 節が、動詞 will be absorbed(夢中になる)を修飾

I guarantee that you will be absorbed whichever book you read.
どっちの本を読んでも、きっと夢中になること間違いなしだよ。

先に説明した「~するものはどれでも(どちらでも)」という意味の whichever とは節の品詞が異なるという点を押さえておこう。

助動詞の may がよく使われる

また、逆接的な意味の whichever では、よく助動詞の may や would が添えられる。

Whichever meal you may choose, it will go beyond your daily salt intake.
どっちの食事を選んでも一日分の塩分摂取量は超えるでしょ。

ここでの may は「譲歩の may」と呼ばれているもので、譲歩構文(逆接的な意味の表現)でよく添えられるものだ。

※ご参考:英語でよく聞く「譲歩」ってどういう意味?4つの譲歩構文まとめ

whichever = no matter which に置き換えられる

なお、「たとえどれが(どちらが)~しようとも」という意味は、whichever ではなく no matter which を使って表現されることもある。

ニュアンスとしては、no matter which の方が気持ちが強くこもった表現だ。

Whichever you eat there's not much difference in terms of calories.
= No matter which you eat there's not much difference in terms of calories.
Whichever meal you choose, it will go beyond your daily salt intake.
= No matter which meal you choose, it will go beyond your daily salt intake.

no matter which もよく使われる表現なので、併せて知っておこう。

さいごに「whichever のつくる節の品詞に注目しよう」

同じ言葉でも、品詞の違いによって意味が変わってくるというのは、英語ではよくあることだ。

whichever (S) V が名詞節
⇒「~するものはどれでも(どちらでも)」(順接的)

whichever (S) V が副詞節
⇒「たとえどれが(どちらが)~しようとも」(逆接的)

2つの意味を持つ whichever については、ここをしっかりと押さえておこう。

英文法(語順のルール)を
効率的にマスターしたいあなたへ >>
英文法の無料講義(全31回・500分)

▼ 関係代名詞を得意にしたいあなたへ ▼