関係代名詞 that のみを使う3つの場合とその理由

英文法関係詞
最終更新日:
関係代名詞that-1

先行詞が「物事」の場合、関係代名詞は which または that が使われる。

基本的にはどちらを使ってもよいが、「あるもの」が先行詞になった場合には、関係代名詞は that がかなり好まれる。

ここでは、関係代名詞 that が好まれる3つの場合について「なぜ that が好まれるのか?」という理由とともに整理していこう。

この記事を読んで得られること

  • 関係代名詞 that が好まれる3つの場合を覚えられる
  • なぜ、関係代名詞 that が好まれるのか、感覚的にもわかる

CONTENTS

関係代名詞 that が好まれる3つの場合

学校の授業や参考書などでは、「先行詞に all the, every, any, the first, the only, the biggest, no などが添えられている場合には、関係代名詞は that にしてください!」と説明される(押し付けられる)こともあると思うが、これだと納得感もなければ記憶にも残りにくい。

そこで、関係代名詞 that が好まれる場合については、次の3通りに分けて整理しておくのがオススメだ。

1. 先行詞が「すべてのもの」を表す場合

関係代名詞 that が好まれる一つ目の場合は、先行詞が「すべてのもの」を表す場合だ。具体的には、

・all(すべての)
・every(あらゆる)
・any(どんな・何でも)

という言葉(形容詞)が先行詞に添えられる場合、which ではなく that がかなり好まれる。(絶対に that しか使えないわけではない。)

I’ll never forget everything that happened today.

(私は今日起こったすべてのことを決して忘れない。)

The most important thing is to enjoy your life ― to be happy ― it’s all that matters.

(もっとも重要なのは人生を楽しむこと。幸せであること。それが、大切なすべてのことよ。)

- オードリー・ヘップバーン

※ここでの all は名詞(すべてのこと)で、matters は「重要である」という意味の自動詞。

2. 先行詞が「唯一のもの」を表す場合

関係代名詞 that が好まれる二つ目の場合は、先行詞が「唯一のもの」を表す場合だ。具体的には、

・only(唯一の)
・very(まさにその)
・序数詞(first, second, third ...)
・最上級(biggest, simplest ...)

などが先行詞に添えられると、which ではなく that がかなり好まれる。(絶対に that しか使えないわけではない。)

The only thing that is constant is change.

(変わらない唯一のものは、変化だ。/変化以外に永続的なものはない。)

- ヘラクレイトス(ギリシア人哲学者)

3. 先行詞が「無」を表す場合

関係代名詞 that が好まれる三つ目の場合は、先行詞が「無」を表す場合だ。具体的には、先行詞に no が添えられると、which ではなく that がかなり好まれる。(絶対に that しか使えないわけではない。)

There is no rule that has no exceptions.

(例外のないルールはない。)

ここがポイント! なぜ、関係代名詞 that が好まれるのか?

さて、ここまでに整理したのは「知識」だが、せっかくなので「感覚」の部分まで踏み込んでみよう。

先行詞が「すべてのもの・唯一のもの・無」を表す場合に、どうして関係代名詞は which ではなく that がかなり好まれるのか? その理由は、which と that のイメージの違いに目を向けると腑に落ちやすい。

which という言葉は「関係代名詞」ではなく「疑問詞」として使うこともあるが、その場合には「どれかというと……」という意味が表面化する。同じ which という言葉なので、そうしたニュアンスが関係代名詞 which にも含まれている。

一方で、that という言葉は「関係代名詞」ではなく「単なる代名詞」として使うことも多く、その場合には「それはね……」という意味だ。同じ that という言葉なので、そうしたニュアンスが関係代名詞 that にも含まれている。

つまり、関係代名詞 which と関係代名詞 that の感覚的な違いは、次のようになる。

関係代名詞 which

「どれかというと……」といったニュアンスで、いくつかのモノの中から選び取るイメージで先行詞を説明する。

関係代名詞 that

「それはね……」といったニュアンスで、それほど限定せずに軽く先行詞を説明する。、

そして、ここまで読んだあなたならお気付きかもしれないが、先行詞が「すべてのもの・唯一のもの・無」の場合には、比較の対象がないので、which の気持ち(どれかというと……)が湧いてこない。これが、関係代名詞として that(それはね……)が好まれる理由だ。

なお、これは補足だが、たとえ先行詞が「すべてのもの・唯一のもの・無」だったとしても、それが「人」であれば who を使うこともあるので気を付けよう。

さいごに|関係詞は英文法(語順のルール)の肝

ここでは、先行詞が「すべてのもの・唯一のもの・無」の場合には、関係代名詞 that がかなり好まれることを学んだ。

こうした知識に限らず、関係詞(関係代名詞と関係副詞)への理解は、英語の読解力や表現力に大きく影響するものだ。ぜひ、早い段階でマスターしておこう。