センスが上がる!複合関係代名詞 whoever の2つの意味と使い方

英文法関係詞
最終更新日:
複合関係代名詞 whoever

複合関係代名詞 whoever には、「~する人は誰でも」という順接的な意味と、「たとえ誰が~しようとも」という逆説的な意味がある。

ここでは、whoever の2つの意味と使い方について、臨場感のある例文も交えて解説していこう。

この記事を読んで得られること

  • whoever のリアルな使い方がわかる
  • whoever の2つの意味を使い分けられるようになる

まずは例文で確認!whoever のリアルな使い方

具体的な説明に入る前に、まずは whoever という言葉を実際にはどう使うのか、身近な例文で確認しておこう。

参考書などに載っているようなお堅い例文ではなく、あなたが実際に表現する機会がありそうな例文を用意したので、これだけでも勉強になると思う。

※聞き取りに慣れるよう、音声はループ再生されるようにしてあります。

Whoever comes first will be served first.


先着順です。

It's urgent. Try to ask who(m)ever you know.


急ぎだから、誰でもいいから知っている人に頼んでみて。

Don't worry. Whoever talks behind someone's back will not be trusted.


気にすることないよ。人の悪口を言う人は信用されないから。

Whoever is willing to work with us is welcomed.


私たちと一緒に働く気がある人は誰でも歓迎です。

You should be polite to whomever you meet.


誰に会っても丁寧に接しなさい。

Whoever tries to split us apart, my love for you will never change.


誰が私たちを引き裂こうとしようとも、君に対する私の愛が変わることはないから。

I don't think she will change her mind whoever tries to convince her.


誰が説得してみても、彼女が意志を曲げることはないと思うね。

He doesn't care whoever does it and how. He just wants to get things done.


誰がどうやるのかなんて彼にはどうでもいいんだよ。彼にとってはとにかくできればいいんだから。

When mama is out don't ever open the door whoever comes.


ママがいないときは誰が来ても絶対にドアを開けてはダメよ。

whoever のリアルな使い方がわかったところで、続いてはもう少し具体的な説明に入っていこう。

複合関係代名詞 whoever には2つの意味がある

先ほどの例文からもわかるように、whoever には「~する人は誰でも」という順接的な意味と、「たとえ誰が~しようとも」という逆説的な意味がある。

それぞれについて、詳しく解説していこう。

「~する人は誰でも」という意味の whoever は名詞節をつくる

whoever を「~する人は誰でも」という意味で使うときのポイントは、whoever が名詞節をつくるという点だ。

名詞節は名詞の一種なので、普通の名詞と同じように主語Sになったり目的語Oになったりする。

whoever 節が主語S

Whoever comes first will be served first.
先着順です。(最初にやってきた人なら誰でも最初に扱われる。)

whoever 節が他動詞の目的語O

It's urgent. Try to ask who(m)ever you know.
急ぎだから、誰でもいいから知っている人に頼んでみて。

whoever 節が前置詞の目的語O

You should be polite to whomever you meet.
誰に会っても丁寧に接しなさい。

※「節」とは単語二語以上のカタマリのうち、SVの形があるもののことだ。SVの形がなければ「句」という。

whoever = anyone who に置き換えられる

なお、「~する人は誰でも」という意味は、whoever ではなく anyone who を使っても表現できる。

ここでの any は「どんな・任意の」という意味だ。肯定文での any はこの意味になることが多い。

Whoever comes first will be served first.
= Anyone who comes first will be served first.

whoever = anyone who に置き換えた文を見ても、whoever 以降(つまり anyone who 以降)が大きな名詞のカタマリになっていることがわかる。

「~する人は誰でも」という順接的な意味を表す whoever は名詞節をつくるということを、文法上のポイントとして押さえておこう。

ちなみに「複合関係代名詞」とは?

なお、複合関係代名詞とは、「先行詞と関係代名詞がくっついた(複合した)関係代名詞」のことだ。

whoever = anyone who と置き換えられることからもわかるように、「~する人は誰でも」という意味の whoever は、先行詞 anyone と関係代名詞 who がくっついた言葉だと考えられる。

そこで、whoever は複合関係代名詞と呼ばれているわけだ。

 
ってことは、what = the thing which に置き換えられる関係代名詞 what も、複合関係代名詞の一種ってことか?
 
ご名答。おりこうよ、ジェフ。

※ご参考:関係代名詞 what の使い方|接続詞 that との違いはこれだ!

「たとえ誰が~しようとも」という意味の whoever は副詞節をつくる

一方、whoever を「たとえ誰が~しようとも」という意味で使うときのポイントは、whoever が副詞節をつくるという点だ。

whoever 節が、動詞 will never change を修飾

Whoever tries to split us apart, my love for you will never change.
誰が私たちを引き裂こうとしようとも、君に対する私の愛が変わることはないから。

whoever 節が、動詞 will not change を修飾

I don't think she will change her mind whoever tries to convince her.
誰が説得してみても、彼女が意志を曲げることはないと思うね。

※「誰が説得しても ⇒(意志を)曲げない」ということなので、本来は not は will change を否定している。ただ、英語では否定語はなるべく早めに述べられるので、think を否定する位置に not が置かれている。

先に説明した「~する人は誰でも」という意味の whoever とは節の品詞が異なるという点を押さえておこう。

助動詞の may がよく使われる

また、逆接的な意味の whoever では、よく助動詞の may や would が添えられる。

You should be polite to whomever you may meet.
誰に会っても丁寧に接しなさい。

ここでの may は「譲歩の may」と呼ばれているもので、譲歩構文(逆接的な意味の表現)でよく添えられるものだ。

※ご参考:英語でよく聞く「譲歩」ってどういう意味?4つの譲歩構文まとめ

whoever = no matter who に置き換えられる

なお、「たとえ誰が~しようとも」という意味は、whoever ではなく no matter who を使って表現されることもある。

ニュアンスとしては、no matter who の方が気持ちが強くこもった表現だ。

Whoever tries to split us apart, my love for you will never change.
= No matter who tries to split us apart, my love for you will never change.
I don't think she will change her mind whoever tries to convince her.
= I don't think she will change her mind no matter who tries to convince her.

no matter who もよく使われる表現なので、併せて知っておこう。

さいごに「whoever のつくる節の品詞に注目しよう」

同じ言葉でも、品詞の違いによって意味が変わってくるというのは、英語ではよくあることだ。

whoever (S) V が名詞節
⇒「~する人は誰でも」(順接的)

whoever (S) V が副詞節
⇒「たとえ誰が~しようとも」(逆接的)

2つの意味を持つ whoever については、ここをしっかりと押さえておこう。

英文法をなるべく効率的に
マスターしたいあなたへ >>
英文法の無料講義(全31回・500分)

▼ 関係代名詞を得意にしたいあなたへ ▼