これなら一生忘れない!so that構文の4つの意味と使い方

英文法
最終更新日:
so that構文

文章でも会話でも頻出の so that には、

1. 目的(~するために)
2. 程度(~するほど)
3. 様態(~するように…されている)
4. 結果(…そして~した)

という4つの意味がある。

ここでは、それぞれの意味と使い方について、一つひとつ解説していこう。

この記事を読んで得られること

  • 4つのso that構文の意味と使い方がわかる
  • so that構文について必要な知識がすべて得られる

CONTENTS

1. 目的(~するために)を表すso that構文

郊外のショッピングモールなどへ行くと、たまに「階段になっていない平坦なエスカレーター」に乗ることがある。

so that構文

昔、友だちの女の子が、そこでこんなことを言っていた。

 
「見て~!うちハイヒール履いてるから、実質、平坦やねん!」
 
(……う、うん、そだね。)

さて、1つ目のso that構文については、以下の例文を使って説明しよう。

She wears high-heeled shoes so that she may (will, can) look taller.
彼女は背が高く見えるように、ハイヒールを履いている。

これはよく「目的のso that」と呼ばれるもので、その名の通り「~するために」という目的の意味を持つ表現だ。

実は、他のすべてのso that構文に共通することだが、so that構文は副詞の so に注目すると非常に理解しやすい。

副詞のsoには、

・そのように
・とても

といった意味があるが、ここでの so は「そのように」というニュアンスを表している。

She wears high-heeled shoes so
彼女は「そのように」ハイヒールを履いている…

これを聞いて、聞き手として何かが気にならないだろうか?

そう、

「そのようにって、どのように?」

というのが、とーーっても気になる。

そこで、直後のthat節で「どのように・何のために」なのかという目的が補足されるというわけだ。

She wears high-heeled shoes so that she may (will, can) look taller.

彼女は「そのように」ハイヒールを履いている。(「どのように」かと言うと)背が高く見えるようにね!

副詞の so(そのように)をキッカケにして、その後ろで「どのようになのか」という目的を述べる。こうした感覚で使われるのが「目的を表すso that構文」だ。

目的のso that|使い方と注意点

目的(~するために)を表すso that構文を使うときには、注意点が3つある。

このあと解説する「他のso that構文との違い」という視点も持ちながら確認していこう。

1. so と that を隣り合わせる

このあと扱う「程度・結果を表すso that構文」や「様態を表すso that構文」とは違い、「目的を表すso that構文」では so と that を隣り合わせにして使う。

She wears high-heeled shoes so that she may look taller.

大きな特徴のうちの一つとして押さえておこう。

2. 助動詞(may, will, can)を使う

また、「目的を表すso that構文」ではthat節の中で助動詞の may, will, can を必ず用いるようにしよう。

どうして助動詞の may, will, can を使うのかと言うと、「~するために」という「目的」をイメージしているときには、頭の中が未来のことでいっぱいだからだ。

「モテるために」努力している
「幸せになるために」生きている
「後悔しないために」普段と違った行動をする

⇒ すべて未来のことを想像している

こういった未来のことや想像していることを述べる際には、一般的には助動詞が用いられる。中でも、推量(~だろうなあ)のニュアンスを持つ代表的な助動詞の may, will, can が好んで使われるというわけだ。
 
 
なお、ここでの may, will, can は「事実じゃなくて想像していることだよ」「気持ちが未来を向いているんだよ」ということを表しているだけなので、和訳をするときには特に気にしなくていい。

助動詞の may があるからと言って「~するかも知れない」と訳してしまうと、かえって変な日本語になってしまうので注意しよう。

She wears high-heeled shoes so that she may look taller.

(?)彼女は背が高く見えるかも知れないようにハイヒールを履いている。

3. 動詞を修飾する副詞節となる

「目的を表すso that構文」の3つ目の注意点は、that以下の言葉が動詞を修飾する副詞節になるという点だ。

普通、that節は名詞節になるので、これはかなり例外的なことだと言える。

She wears high-heeled shoes so that she may (will, can) look taller.
「背が高く見えるように ⇒ 履いている」

※動詞(ここでは wears)を修飾するのは副詞

副詞の so とthat節を分けて考えてもいいし、so that以降を1つのカタマリ(節)だと考えてもいい。

いずれにせよ、副詞の so と一緒に使うと、that節は副詞節になるということに注意しておこう。

目的のso thatの、不定詞を用いた2つの書き換え

あとは、不定詞を用いた書き換えも知っておこう。

目的(~するために)を表すso that構文は、in order to や so as to を用いて書き換えることができる。

She wears high-heeled shoes so that she may (will, can) look taller.
= She wears high-heeled shoes in order to look taller.
= She wears high-heeled shoes so as to look taller.

in order to や so as to については、以下のページで詳しく解説しているので、必要があれば参考にしてほしい。

※ご参考:アレに注目すれば一目瞭然!in order to と so as to の違い

2. 程度(~するほど)や結果(…なので~)を表すso that構文

程度・結果のso that

それでは続いて、2つ目のso that構文を見てみよう。

He is so tall that he can touch the ceiling.
彼は天井に手が届くほど背が高い。
(彼はとても背が高いので天井に手が届く。)

こちらは「程度・結果のso that」と呼ばれるものだ。

「天井に手が届くほど ⇒ 背が高い」と訳し上げるのが程度の訳し方、「とても背が高いので ⇒ 天井に手が届く」と訳し下げるのが結果の訳し方だ。

※訳し上げ:英文の後ろの方から前へ訳す
※訳し下げ:英文を前から後ろへ訳す

ここで挙げたようなシンプルな英文であれば「程度」で訳しても「結果」で訳しても、どちらも自然な日本語になる。

ただ、場合によってはいずれか一方の訳し方が不自然になることもあるので、そこは注意をしよう。
 
 
さて、ここでもまずは副詞の so に注目すると理解しやすい。今回の so は「それくらい・とても」というニュアンスだ。

He is so tall …
(a) 彼はそれくらい背が高い…
(b) 彼はとても背が高く…

こう言われたとき、聞き手としては何が気になるだろう?

(a)の言い方だと、「それくらいって、どれくらい背が高いの!?」というように、背の高さの程度が気になるだろう。

(b)の言い方だと、「とても背が高いから、何なの!?」というように、背が高い結果として何が起こるのかが気になるはずだ。

そこで、直後のthat節で「どれくらいなのか(程度)」や「どんなことが起こるのか(結果)」が補足されるというわけだ。

He is so tall that he can touch the ceiling.

(a) 彼はそれくらい背が高い。(どれくらいかって言うと)天井に手が届くほどにね!

(b) 彼はとても背が高い。(だからその結果)天井に手が届いちゃうんだ!

副詞の so(それくらい・とても)をキッカケにして、その後ろで「どれくらいなのか(程度)」や「どんなことが起こるのか(結果)」を述べる。こうした感覚で使われるのが「程度や結果を表すso that構文」だ。

程度・結果のso that|使い方と注意点

ここも、他のso that構文との違いという視点で、使い方と注意点を押さえておこう。

1. so と that の間に形容詞・副詞がくる

目的を表すso that構文では so と that を隣り合わせて使ったのに対して、程度や結果を表すso that構文では so と that の間に形容詞や副詞がくる。

He is so tall that he can touch the ceiling.

2. 形容詞・副詞を修飾する副詞節となる

また、目的を表すso that構文が動詞を修飾する副詞節になるのに対して、程度や結果を表すso that構文は形容詞・副詞を修飾する副詞節になる。

He is so tall that he can touch the ceiling.
「天井に手が届くほど ⇒ 背が高い」

※形容詞(ここでは tall)を修飾するのは副詞

やはり、副詞の so と共に用いられたthat節は例外的に副詞節になるというわけだ。

なお「修飾する」という言葉がいまいちピンとこない場合には、「説明する」と読み代えてもらってもいい。

目的のso that構文 ⇒ 動詞を説明する
She wears high-heeled shoes so that she may (will, can) look taller.
⇒ 何のためにハイヒールを wears しているのかを、that 以下で説明している

程度・結果のso that構文 ⇒ 形容詞や副詞を説明する
He is so tall that he can touch the ceiling.
⇒ どれくらい tall なのか、tall だからどうなのかを、that 以下で説明している

一言にso that構文と言えど、動詞を説明するのか、形容詞や副詞を説明するのかの違いがあるということだ。

程度・結果のso thatの、不定詞を用いた2つの書き換え

程度・結果のso that構文は、不定詞を用いて次のように書き換えられる。

He is so tall that he can touch the ceiling.
= He is tall enough to touch the ceiling.
= He is so tall as to touch the ceiling.

特に1つ目の書き換えでは、副詞の enough(十分に・とても)の位置に注意しよう。

普通、単語一語の副詞は形容詞を前から修飾するが、enough は形容詞(tall)を後ろから修飾している。「とても ⇒ 高い」という日本語につられて、enough tall(×)としないように気を付けたい。

3. 様態(~するように)を表すso that構文

so-that構文-6

This article is so written that it gives us a misunderstanding.
この記事は誤解を与えるように書かれている。

3つ目のso that構文は、so と that の間に過去分詞(written)が置かれるところが特徴的だ。表面的な形だけを見ると、先ほどの「程度・結果のso that」に似ているが、さすがに、

・この記事は私たちに誤解を与えるほど書かれている(×)
・この記事はとても書かれているので、私たちに誤解を与える(×)

ではオカシイだろう。今回のように so と that の間に過去分詞(written)が置かれた場合には、様態(~するように)の意味になることがある。

そしてここでも、まずは副詞の so に注目するとわかりやすい。

This article is so written …
この記事はそのように書かれている…

もう、この時点でめちゃくちゃ気になるはずだ。あなたが「どのように書かれてるのか、早く言えよ!」と思うのも無理はない。

もちろん心配せずとも、直後のthat節で「どのように書かれているのか」が説明されている。

This article is so written that it gives us a misunderstanding.

この記事はそのように書かれている。(どのようにかって言うと)誤解を与えるようにね!

副詞の so(そのように)をキッカケにして、その後ろで「どのように~されているのか」という様態を述べる。こうした感覚で使われるのが「様態を表すso that構文」だ。

so と that の間に過去分詞が挟まれていたら、この「様態を表すso that構文」をしっかり思い出そう。

4. 単なる結果(…そして~した)を表すso that構文

結果を表すso that

最後になったが、4つ目のso that構文がこちら。これも TOEIC や大学入試などでもよく出てくるものだ。

I overslept, so that I missed the first train.
寝坊して、(その結果)始発に乗り遅れてしまった。(○)
始発に乗り遅れるために寝坊した。(×)

使い方や注意点としては、so that の直前にカンマ(,)が置かれるということだ。ちょっとしたマークのように思えて、実はこのカンマ(,)がすべてを物語っている。

このカンマ(,)は「目的のso thatみたいに動詞にかけないでね!」という「しるし」なのだ。

確かに「目的のso that」では、so that以下を副詞節として動詞にかけていた。「背が高く見えるために ⇒ 履いている」という和訳を確認すれば、それがわかるだろう。

けれども今回はカンマ(,)がある。so と that が隣り合っていて、一見すると「目的のso that」のようだが、so that以下を前の動詞にかけてはいけない。カンマ(,)がある場合は、訳し下げるようにしよう。

I overslept, so that I missed the first train.
私は寝坊した。だから始発を逃した。

 
 
なお、話し言葉(口語)では、so that の that がよく省略される。するとどうだろう? より見慣れた形に近づくのではないだろうか?

I overslept, so (that) I missed the first train.

そう、that が省略されると、まるで等位接続詞の so(そして・だから)を用いた文のようだ。

1つの理解の仕方として、等位接続詞の so は「単なる結果を表すso that(……, so that)」の省略表現だと押さえることもできる。

※ご参考:英語の接続詞って2種類あるの?等位接続詞って何なのさ

補足:so や that が省略されることもある

あとは補足で、直前にも少し触れたが、so that構文では so または that が省略されることもある。

話し言葉(口語)では that が省略されやすく、書き言葉(文語)では so が省略されやすい。

■ 話し言葉の場合
She wears high-heeled shoes so (that) she may look taller.

■ 書き言葉の場合
She wears high-heeled shoes (so) that she may look taller.

so that構文自体はわりと有名なものだが、ここを知らないと、場合によってはso that構文だと気付くことさえできないので、余力があれば覚えておこう。

さいごに

いかがだっただろう。4種類のso that構文について見てきたが、その大半は「副詞の so のニュアンス」を意識すると理解しやすいことがわかった。

1. 目的のso that
2. 程度・結果のso that
3. 様態のso that
4. 結果のso that

どれもが文章でも会話でもよく出てくる表現だ。それぞれの意味と使い方をしっかりと押さえておこう。

丸暗記ではなく理解しながら
英文法を身に付けたいあなたへ
>>英文法の無料講義(全31回・500分)

 

▼ 英文法を基礎から身に付けたいあなたへ ▼