英語の文型の謎!She came home angry. は、第何文型!?

英文法
最終更新日:

英語学習ボックスの動画講義を利用してくださっている方から、また1つ面白い質問をいただいた。

今日は、それに対する回答を動画で共有したいと思う。

「She came home angry は、第何文型ですか?」という、なかなか興味深い質問だ。

質問「She came home angry は、第何文型ですか?」

今回いただいた質問は、次のようなものだ。

以前、「一語の形容詞なのに前の名詞にかかるのはなぜか」という質問をさせていただいた○○です。
 
新たに、1つ質問させていただきたいと思います。
 
She came home angry.
I woke up sick.
He died young.
 
などでは、第1文型で使われるはずの動詞(came home, woke up, died)が形容詞を取って、S=C的な関係を示しています。
 
これは、第1文型なのか、第2文型なのか、どのように考えればよいでしょうか。
 
本当の構造を教えていただければと思います。

回答「第1文型SVだと捉えるのがいいです」

大学入学レベルの文法力を身に付けるためには、私はこれらを第1文型SVだと捉えられるかどうかが勝負だと思う。
 

回答動画の中で詳しくお話ししているが、ここでは「分詞構文」についての理解が必要不可欠だ。


Driving on the road, I saw the accident.
その道路を走っているときに、私はその事故を見た。


 
この「Driving on the road」という分詞構文を、「現在分詞で始まる分詞構文」ではなく「形容詞で始まる分詞構文」だと認識できるようになろう。

そうすれば、「She came home angry.」のangryを、(being) angryという分詞構文だと捉えることができ、そこを副詞句だと見ることができる。

もちろん、ここに書いた説明だけでは理解できなくて当然なので、時間のあるときに上の回答動画をご覧いただきたい。

さいごに

本サイト「英語学習ボックス」の無料動画講義では、英文法の基礎について一通りお話ししているので、そちらもぜひ参考にしていただきたい。

英文法(語順のルール)を効率的に
身に付けたい人はこちら >>
英文法の無料講義(全31回・500分)

 
英語学習におすすめの記事

今さら聞けない第4文型SVOO!英文法の基礎をもう一度

【質問回答(動画)】単語一語の形容詞が、後ろから名詞にかかる!?

え?英語の接続詞って2種類あるの?等位接続詞って何なのさ

どうして関係副詞を使うの?4つの関係副詞の基礎と考え方