otherwise の3つの意味と使い方|仮定法での言い換えも徹底解説

英文法仮定法
最終更新日:

otherwise は「他・それ以外」というイメージが中心にある副詞で、

・そうでなければ
・違った風に(別のやり方で)
・その他の点では

という3つの意味を持っている。ここでは、いくつかの例文とともに、otherwise の3つの意味と使い方を学んでいこう。

CONTENTS

1. そうでなければ

「そうでなければ」という意味の otherwise は接続詞に近いニュアンスなので、文頭(SVの前)に置くのが一般的だ。

また、セミコロン(;)も一緒に使われやすい。

I trust you; otherwise I wouldn't be talking with you about this.

(信じてるよ。そうでなければ、このことを君に話していないよ。)

We started 30 minutes ahead of schedule; otherwise we would have missed the train.

(私たちは予定より30分早く出発した。そうでなければ、電車に乗り遅れていただろう。)

Keep your word; otherwise you will lose your credibility.

(約束は守りなさい。そうでなければ、信用を失いますよ。)

仮定法への言い換え

「そうでなければ」という意味の otherwise は、文脈によっては「仮定法を使った if 節」で言い換えることもできる。

I trust you; otherwise I wouldn't be talking with you about this.

(信じてるよ。そうでなければ、このことを君に話していないよ。)

↓ 言い換えるなら……

otherwise = if I didn’t trust you

(そうでなければ=信じていなければ)

※「信じていなければ」は「現在の事実(信じている)に反すること」なので、仮定法過去( didn’t trust )を使う。

We started 30 minutes ahead of schedule; otherwise we would have missed the train.

(私たちは予定より30分早く出発した。そうでなければ、電車に乗り遅れていただろう。)

↓ 言い換えるなら……

otherwise = if we hadn’t started 30 minutes ahead of schedule

(そうでなければ=30分早く出発していなければ)

※「出発していなければ」は「過去の事実(出発した)に反すること」なので、仮定法過去完了( hadn’t started )を使う。

なお、仮定法に不安がある場合には、以下のページでご紹介している無料動画講義がお役に立てるので、ぜひ参考にしてほしい。

※ご参考:
仮定法の基礎をマスターする
無料動画講義(全31回)>>

2. 違った風に、別のやり方で

「違った風に、別のやり方で」という意味の otherwise には、接続詞のニュアンスは感じられない。

この場合の otherwise は文頭(SVの前)ではなく、文末に置くのが一般的だ。

I'm willing to listen to someone who thinks otherwise.

(私は違った風に考える人の意見にも耳を傾けるつもりです。)

If I had been you, I would have acted otherwise.

(もし私があなたなら、違った風に行動したでしょう。)

3. その他の点では

I have a fever again, but otherwise everything is OK.

(また熱が出てきたけれど、その他の点では、すべて大丈夫です。)

The rent is high; otherwise the room is satisfactory.

(家賃は高いけれど、その他の点では、部屋は満足のいくものです。)

さいごに|共通するイメージは「他・それ以外」

3つの意味(そうでなければ/違った風に/その他の点では)を持つ otherwise だが、共通するのは「他・それ以外」というイメージだ。

3つの意味を繋ぐ接着剤として、こうした共通点を押さえておこう。

ここまで読んだあなたに
オススメの関連記事