look forward to の意味と使い方|ing が続くとは限らない!?

英文法その他重要表現
最終更新日:

“look forward to(〜を楽しみにしている)” は、日常生活でもビジネスシーンでもよく使う表現だ。

ここでは、いくつかの例文を交えながら、

・“look forward to” の使い方
・なぜ後ろには ing が来るのか?
・“be looking forward to” との違い

を学んでいこう。

CONTENTS

look forward to の使い方と注意点

“look forward to(〜を楽しみにしている)” は、前置詞の to を使った表現だ。

使い方としては、“I look forward to seeing you again.” のように、後ろに ing が続くという印象が強いかもしれないが、実際には「単なる名詞」を表現することもよくある。

例えば、次のような形だ。

I look forward to next week.

(来週を楽しみにしています。)

I look forward to your success.

(あなたの成功を楽しみにしています。)

I look forward to the day when you will return with a smile.

(あなたが笑顔で戻ってくる日を楽しみにしています。)

後ろに ing が続くのは、to が前置詞だから

ここで、センスの良いあなたならお気付きかもしれないが、“look forward to” の後ろに do(動詞の原形)ではなく doing(動名詞)が続くのは、to が前置詞だからだ。

一般の前置詞( of や in )と同じように、前置詞 to の後ろには「動詞の原形( do )」を続けることはできない。しっかりと「動名詞( doing )」の形で表現するよう気を付けよう。

I look forward to working with you.

(一緒に働けるのを楽しみにしています。)

※ to が前置詞なので “I look forward to see you.” は不適切。

I look forward to traveling to Scotland.

(スコットランドに旅行に行くのを楽しみにしています。)

※ to が前置詞なので “I look forward to travel...” は不適切。

I look forward to discussing this important topic with you.

(この重要な内容についてお話しできるのを楽しみにしています。)

※ to が前置詞なので “I look forward to discuss...” は不適切。

“I look forward to” と “I’m looking forward to” の違い

“I look forward to...” は、進行形の “I’m looking forward to...” という形で使われることもある。ニュアンスの違いは次のようなものだ。

I look forward to ...

・フォーマルな感じ
・落ち着いた感じ

I’m looking forward to ...

・カジュアルな感じ
・気持ちが踊っている感じ

動詞( look )を進行形( am looking )にするということは、そこに躍動感(今動いている感じ)が出てくるということだ。ここを理解しておくと、“I’m looking forward to ..” の方がカジュアルで心が動いている感じだということを覚えやすいかもしれない。

さいごに|英文法は「品詞と文型」に注目して学ぼう

ここでは to が前置詞だというところに注目して “look forward to” の使い方を学んだ。

今回の表現に限らず、英語では「品詞と文型」を押さえることで「どんな形が続くのか?」がハッキリすることが多い。

中でも「自動詞と他動詞の違い」は英文法(語順のルール)の核になる部分なので、抜け漏れのないようイカオページで確認しておこう。