英文法を学んで、読解力・会話力が飛躍した秘密とは?

英語学習ボックスで英文法(語順のルール)を学んだ北尾さんは、音楽教室の講師をしながら、今では子供たちに英語を教えるお仕事もされています。

5年間も英会話に通っていたにもかかわらす、なかなか上達しなかった彼女が、なぜ英語を教える仕事に就けるほど英語力が伸びたのか?

今回、その秘密を北尾さんがこっそり教えてくれました。
↓ 北尾さんが学んだ英文法(語順のルール)の詳細は、こちらをクリックしてください。


英会話に通って5年。しかし、一向に上達しない……。

「5年間も英会話に通っているのに、なかなか上達しない状態でした……」

そう苦い経験を語ってくれたのは、北尾さん。現在は、音楽教室の講師をする傍ら、学習塾の英会話部門や自宅で、子供たちに英語を教えるお仕事もされています。

北尾さんと同じように、長年英語を学習しているにもかかわらず、読解力や表現力がなかなか伸びないという人は多そうですよね。

北尾さん自身も、「『聞くだけですぐに話せる』『英語を話すのに英文法や難しい勉強はいらない』『簡単な文章を覚えるだけで話せる』などなど、調子のいい謳い文句はたくさんあるけれど、本当にそれで良いのだろうか?」と、疑問を感じていたそうです。

「英文法がわからないと、読解も表現もできないのでは?」

ひょっとしたら、なかなか伸びないのは、英文法をちゃんと理解していないからかも……。

北尾さん

そう気付いてから、北尾さんの英語人生が大きく変わり始めました。もちろん、最初は苦労もあったそうです。

英文法……とにかくややこしくて難しいものだと思い込んでました。参考書やインターネットで調べても、腑に落ちる説明にはなかなか出会えないですし……。

北尾さん

けれどもそんな中、英文法についてのある重要事項を検索していたところ、北尾さんは「英語学習ボックス」に出会います。

英語学習ボックスに出会ったとき、最初に私の目に飛び込んできたのは『自動詞 look と他動詞 watch の違い』についての説明でした。それがものすごくわかりやすくて、どんどん森先生の授業の魅力に取り込まれていきました。すぐに公式無料動画にも登録し、あっという間に全部受け終わったのを覚えています。

北尾さん

そして北尾さんは、公式無料動画を受け終わった後に、「この授業をもっともっと深く受けたい!」と思い、English Grammar Academy という講座にも参加されました。

それからは本当に先生の授業が楽しくて、携帯やパソコンで毎日毎日、順番に講義を受けていき、すべて受け終わった後も、再度初めから復習をしました。おかげで英語そのものへの理解力が格段に上がり、みるみる上達していきました。

北尾さん

「どんどん上達し、子供に英語を教える仕事にも就けました。」

ここで、英文法という「語順のルール」を身に付けた北尾さんに、誰も予想していなかった転機が訪れます。

音楽教室に通っていた中学生に英語を教えてあげたところ、なんと、その生徒の成績が、5段階評価で「2」から「4」に上がったり、「40点代」が「90点代」にまで上がったりしたそうです!

この経験を、北尾さんは次のように振り返っています。

森先生の授業を受け、人に説明できるくらいまで復習し、そして教えた子供たちの成績がみるみる上がり...…これほど自分にとって自信になり嬉しいことはありませんでした。今では、とある塾の中の英会話部門で子供に英会話を教える仕事にも就けました。自宅では英語教室もしています。文法を取得することで、英会話もどんどん上達していくんです。

北尾さん

ご自身の英語力を伸ばすだけでなく、周りの人たちの役にも立ち、さらにそこから仕事に繋げられたというのは、本当に大きな変化ですよね。

どんな人におすすめ?

英文法を勉強しなければ始まらない。もちろんそれがすべてではないけれど、英語を理解して自分のものにするための手段として、英文法は絶対に必要なものだと確信しています。

北尾さん

そう語る北尾さん。では、英語学習ボックスの公式無料動画はどんな人におすすめでしょうか?

以前の私のように、時間をかけて勉強しているわりには伸び悩んでいる人におすすめしたいです! あと、森先生の授業は本当にわかりやすいので、英語への苦手意識をなくしたい人にもぜひ受けてみてほしいです。

北尾さん

最後に一言

みなさんもこの素晴らしい授業を、大いに楽しんで希望を持って学んでみてください。英語って本当に素晴らしい言語だと思います。そのことを、この授業を受けることによって、より身近に感じていただきたいです!!

北尾さん

英語への理解が深まり、楽しさを感じながら学ばれている様子が伝わってきますね。

北尾さん、ありがとうございました。


最後に無料動画を推す言葉を添える。