マジか!これが英語の語呂合わせ!歴史年号はこうやって覚えるのだ

勉強法
最終更新日:
数字・年号の英語の語呂合わせ-2

日本には、一見どうやっても覚えられそうにない歴史年号や専門用語などを、いとも簡単に覚えさせてくれる「語呂合わせ」というお手軽暗記法がある。

「いい国作ろう ナントカ幕府」や「水平 リーベ ダレの船?」などは、もっとも有名なところだろう。

この、日本人の特権とも言える語呂合わせだが、実は英語にも、数字・年号や専門用語を覚えるための語呂合わせが数多く存在する。

今日は、そんな英語の語呂合わせを、久しぶりの登場となる彼らに紹介してもらおう。

 
ジェフ、オリヴィア、よろしくね!
 
タツロウさん!「高みの見物とはいい身分だなー!」
 
お前は、ターレスと闘ったときのピッコロか。

数字や年号を覚える、英語の「語呂合わせ」とは?

数字・年号の英語の語呂合わせ-1

 
日本人はいいわよね。「語呂合わせ」なんていう、ちっとも本質的じゃない暗記法を使って、テストの点が取れるんだから。
 
何言ってんだ、オリヴィア。英語にだって立派な「語呂合わせ」があるじゃないか。
 
うそ?ホントに?そんなのあったっけ?
 
例えば、こんなヤツだ。
 
May I have a large container of coffee?
 
は?
 
(大きな器一杯分のコーヒーをください……?)
 
ジェフ、そんなに眠たいの?寝不足アピール?
 
大人げないわよ。
 
オリヴィア、そうじゃない。
 
それぞれの単語を構成している「アルファベットの数」を数えてみるんだ。
 
えっ?
 
May (3), I (1), have (4), a (1), large (5), container (9), of (2), coffee (6) ……
 
3・1・4・1・5・9・2・6 ……?
 
何これ?
 
フフフ……。
 
パイだよ、パイ。円周率。
 
「3.1415926……」
 
いや、難しいわ!
 
日本語の語呂合わせよりも、頭を使うだろう?
 
それじゃあ、この「文字数語呂合わせ」を使って、実際に歴史年号をいくつか覚えていこう。

第1問「I sighted Thomas's rights.」

数字・年号の英語の語呂合わせ-2

 
次の言葉は、どんな歴史上の出来事を表していると思う?
 
I sighted Thomas's rights.(私は、トーマスの権利をいくつか見た。)
 
相変わらず、面倒なことが好きね。
 
えっと、アルファベットの数を数えればいいから……
 
I (1), sighted (7), Thomas's (7), rights (6) ……
 
1776年……あ!独立宣言ね!
説明しよう!「アメリカ独立宣言」とは、北アメリカの13の植民地がイギリス本土からの独立を宣言した文書である!その主な作者は、後の第3代アメリカ合衆国大統領、トーマス・ジェファーソンであった!
 
 
そう。ってことで、1776年は「アメリカ独立宣言」
 
ついでに、トーマス・ジェファーソンも覚えられるだろ。
 
Thomasって、トーマス・ジェファーソンだったんだ。
 
てっきり「機関車」の方かと思ってたわ。
 
なんでやねん。

第2問「I captured south's flags.」

数字・年号の英語の語呂合わせ-3

 
次はこいつだ。
 
I captured south's flags.(私は、南部の旗を捕らえた。)
 
I (1), captured (8), south's (6), flags(5) ……
 
1865年……南北戦争の終結ね!
説明しよう!「南北戦争」とは、奴隷制度に反対するアメリカ合衆国と、奴隷制度を擁護する南部連合との間で、1861年~1865年の間に行われた内戦のことであーる!
 
 
I captured south's flags.(南部の旗を捕らえた)だから、
 
1865年に南北戦争が「北部の勝利で」「終結した」ってところまで、しっかりと覚えられるだろ?
 
flagsの単数・複数を覚え間違ったらおしまいね。
 
オリヴィアさん、それは言わないで。

第3問「A hell World War Ⅰ」

数字・年号の英語の語呂合わせ-4

 
最後にコイツだ。これは何を表してると思う?
 
A hell World War Ⅰ(第一次世界大戦という地獄)
 
いや、World War Ⅰ(第一次世界大戦)って言っちゃてるじゃん。
 
ですよね。
 
これは、A (1), hell (4) が年号の下2桁を表してるんだ。
 
1914年。
 
ここへ来て、ちょっと苦しいわね。
 
まぁ、そう言うなよ。語呂合わせなんてそんなもんだろ。
 
確かに。
 
金属の炎色反応を表す「リアカー無きK村」なんかに比べると、ぜんぜんマシだわ。
 
ホント、あれは「K村」の意味が謎過ぎるよな。
 
とまあ、今日はこんなところだ!
 
みんなも、語呂合わせは適度に使うようにね。あまり依存し過ぎるのはよくないわよ。

まとめ

いかがだっただろう。

実はこの手法、1000年代だと、I(私)かA(冠詞)でしか始められないことが難点だが、そこは見逃してほしい。

2000年代になると、He, We, As, If, In, Onなど、幅が広がって来る。

その先の3000年代を楽しみに、今日から「語呂合わセンス」を磨き始めてみてはいかがだろう。

英文法(語順のルール)を効率的に
身に付けたい人はこちら >>
英文法の無料講義(全31回・500分)

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

英語の文法の勉強法に悩む人へ!初心者が最優先すべき5つのこと

【質問回答(動画)】単語一語の形容詞が、後ろから名詞にかかる!?

まだ強調構文で消耗してるの?形式主語構文との2つの違い

こういうのから教えてほしかった!身近な日用品を表す英単語100連発