特別講義(全3回)

特別講義(全3回)


カウントダウンタイマー

98,000円への受講費用変更前の
「EGA・最終特別案内」を、
2月22日(水)までお届けしています。

>> 詳しくはこちら >>

第3回「thatが先行詞!?butが前置詞!?」

※第3回目の講義の「最後のメッセージ(23分過ぎから)」もよくお聞きください。

※第3回目の講義で扱う英文は、以下のものです。

(A) There is no comparison between that which is lost by not succeeding and that which is lost by not trying.

(B) They are ill discoverers that think there is no land, when they can see nothing but sea.

(C) The pursuit of truth and beauty is a sphere of activity in which we are permitted to remain children all our lives.

第3回目のポイント

1. thatが先行詞!?
2. butが前置詞!?
3. 主格のofと目的格のof

 
 

第2回「先行詞と関係詞節の位置関係」(20分)

※第2回目の講義で扱う英文は、以下のものです。

(A) I count him braver who overcomes his desires than him who conquers his enemies; for the hardest victory is over self.

(B) You will find men who want to be carried on the shoulders of others, who think that the world owes them a living. They don’t seem to see that we must all lift together and pull together.

 
一部、板書ミスがありますね。講義の中で訂正しています。
 

第2回目のポイント

1. なぜ「先行詞」と「関係詞節」が離れているのか?
2. 文型から動詞の意味を推測しよう!

 
 

第1回「主格の関係代名詞+be動詞」を補おう!(43分)

※第1回目の講義で扱う英文は、以下のものです。

 All that is valuable in human society depends upon the opportunity for development accorded the individual.
第1回目のポイント

1. ○○○○が後ろから名詞を修飾しているときには「主格の関係代名詞+be動詞」を補う
2. 受動態を能動態に戻す
3. ○○から動詞の意味を推測する